スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滞在許可証の申請

フランスに入国したら3ヶ月以内に滞在許可証の申請をしなければなりません。
住所が決まったら行こうと思っていましたが、すでに1ヶ月が過ぎてしまい、あまりのんびりしているのも良くないので今日申請に行ってきました。

フランスでは何をするにも時間がかかると良く聞きます。滞在許可証の申請も朝早く行かないとすごく待たされる(特に今の時期は)と言われたので朝8時半に県庁に出向きました。
しかし、すでに行列が・・・。
prefecture

9時に受付開始。整理券を取って何気なく必要書類のリストを見ていたら、返信用封筒に切手を貼ったものが必要と書いてありました。
・・・持ってない
県庁では売っていないとのことで、急いで郵便局を探しに行きましたが見当たらず
すると、タバコ屋発見無事、切手と封筒を入手できました

この時点で約1時間経過。急いで県庁に戻ってみると、順番はまだでした
しばらくのんびりしてから、そろそろ呼ばれる頃だろうと思い窓口の目の前に行くと、今度は”すべての書類をコピーしてから窓口に来てください”という張り紙発見
・・・コピーしてない
急いでコピーしていると順番が回ってきてしまいました
とりあえず私だけ窓口に行って旦那の方を指差してみたものの、すごい勢いでフランス語でまくし立てられるはめに・・・。そうこうしている内に旦那がコピーを終えてやってきました。

すべての書類を提出したところ「この書類はどこでもらったんだ?」と聞かれ、職場でもらったと言うと、「これは職場に提出し、職場の人が手続きするんだ」となぜか怒られてしまいました。

???職場の事務の人が県庁に行くように言ったのにーどうなってるんだー

結局、今日は無駄足に終わってしまいました、トホホ・・・。

職場からの次の指示はどうなることか・・・。

職場の事務の人に事情を説明したところ、分かったとのこと。「役所の人は仕事が嫌いだから態度が悪い」と言っていたそうです。どこの国もお役所仕事は同じのようですね。
スポンサーサイト

相撲

テレビで相撲の気ぐるみを着ている番組を2回見ました。
相撲

テレビの画面を撮ったので分かるかな~?お相撲さんの格好をしてるんですけど・・・。
この格好をするだけで結構ウケるみたいです。

何をやってもダメな太った男の子が相撲を始めるという内容のフランス映画もテレビでやっていました。

モン・サン・ミッシェル名物 オムレツ

モン・サン・ミッシェル名物のオムレツはラ・メール・プラール La Mere Poulard のものが有名ですが、他のお店でも食べれます。
ということで旦那がお昼に注文。
オムレツ
表面はちょっと揚げたような感じになっていて、中はメレンゲ状に泡立てられているので、大きくても意外とペロッと平らげられちゃいます。

私はノルマンディー風シチューを注文
ノルマンディー風シチュー
これは内臓系の肉が入っていて、とても生臭く、見た目も匂いも受け付けなかったので旦那に食べてもらいました。ごめんなさい

お土産にまたシードル
シードル
このシードルは何かにとても美味しいと書いてあったような気がしたので買ってみました。

モン・サン・ミッシェル Mont St-Michel

念願のモン・サン・ミッシェル(MSM)に行ってきました

レンヌからはMSM行きのバスが出ています。
まずレンヌ駅北口を出て右に行くとバスターミナルのある建物があります。
バスターミナルの建物
この建物の中に時刻表などが置いてあるのでもらっておくといいでしょう。

建物の右側から裏に回るとバスターミナルがあります。
バスターミナル
ここに来ると急に日本人率が高くなります。この日は乗客の約半分くらいが日本人でした。

バスのチケットは乗るときに直接ドライバーから買います(10.5ユーロ。10月から10.8ユーロに値上げのようです)。
バスターミナルの場所が分かりづらい上に、チケットをどこで買ったら良いか迷って乗り遅れる日本人が多いようなので要注意!

バスが動き出すと、のどかな景色が続きます。
車窓
牛や馬、羊たちが見れます。

バスに揺られること1時間ちょっと、何もない平原に突如MSMが現れます。
現れたMSM

だんだん近づいて来ましたバスでは右側の一番前の席に座ることをお勧めします。
モン・サン・ミッシェル
天空の城ラピュタのモデルになったらしいですが、確かに似てる。

島に上陸し入り口の門をくぐるとすぐに、MSM名物のオムレツで有名なラ・メール・プラール La Mere Poulard があります。
La Mere Poulard
オムレツが28ユーロ(約4千円)もするらしいので、私たちはここでは食べずに他のお店へ。

お昼を食べた後は頂上の修道院を目指して島のメインストリートを歩いて行きます。
Grande Rue
カルカッソンヌの城壁内(記事はこちら)ととても似ていて両側にお土産ややレストランが並んでいます。ただ道がとても狭く、人がごった返しているので、進むのが大変です。

上に登って行くとこんな景色。
干潮時
この時は潮が引いていたので干潟を歩いている人たちの姿もありました。
満潮時には津波のように潮が満ちてくるのを以前テレビで見たので、次回はぜひ生で見てみたいです。

さらに登っていくと修道院が見えてきます。
修道院
塔のてっぺんには金色に光る大天使ミカエル(St-Michel)が。
大天使ミカエル
ある司教が夢の中で大天使ミカエルから、ここに修道院を建てるようにお告げを受けて建てられたのがMSMです。

礼拝堂の中
礼拝堂

最上階にある回廊と中庭
回廊

中庭

下から見上げた修道院
見上げた修道院

島を出て駐車場の方からの景色を見に。
貴重なツーショット
MSM全貌

駐車場の手前には満潮時に駐車場が海に沈む旨の警告看板が
看板
記載してある時刻までに車を移動しなければなりません。

再びバスに乗りのどかな風景を見ながら帰路へ
風車


BELASIE

レンヌにある唯一のアジアンスーパーBELASIEへ買出しに行ってきました。
BELASIE

店員さんは中国人が多いようで、お客さんも中国系が多かったですがインド系?の人とかもいました。
土曜日だったのでやっぱり混んでましたね~。フランスではみんな土曜日に一週間分の買い物をするらしく、どこもとても混んでいます。

本日の収穫
日本の食材
この他にも納豆やお米、ほんだし、梅酒、おかきetc・・・が売っています。
あと炊飯器もここで売っています。

LE DANIEL

M.O.F (Meilleur Ouvrier de France フランス最優秀技術者賞) の称号を持つダニエル氏のお店”LE DANIEL"のチョコを旦那が買ってきてくれましたザッハトルテ?
LE DANIEL
”LE DANIEL”についてはこちらのサイト(フランス語)をどうぞ。

左上:コーヒーのチョコ 左下:キャラメルのチョコ 右:オレンジピールとレモンピールのチョコ

左の二種類はすっごくおいしいー!!!
日本で売ってる一粒千円とかするチョコより美味しい気がするのは気のせい
この一袋で6ユーロくらい(量り売り)だったそうです。一粒100円弱。

オレンジピールの方も美味しいですが、これはもっと美味しいのを日本で食べた気がします。

L'OCCITANE

やっぱりフランスに来てから肌が乾燥MAROCACTUSします。
乾燥度合いで言うと滋賀にいたときの方がひどいのですが、フランスでは肌がゴワゴワになってゾウの皮膚のようになります。

歩いているときに”なんか踵が痛いなー”と思ったら、ひび割れてパックリいってました。

フランスの気候にはやっぱりフランスコスメ?と思いロクシタンのクリームをお買い上げ~

L'OCCITANE
ハニーレモンのボディクリームhachi
蜂蜜のあま~い香りがしておいしそー(*^-^*)唾液が出ちゃう~
塗った後はすべすべー
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
08 10
ブログ内検索
プロフィール

secoseco

Author:secoseco
性別:女性

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。