スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統的なフランス家庭料理

語学学校のWさんとKさんのつてで、フランス人ご夫妻のお宅で伝統的な家庭料理を振舞って頂ける事になりました。

今回ご馳走になった食事は一般的に日曜日のお昼に家族みんなが揃って食べるフランスの家庭料理で、必ず
アントレ(サラダなど)
メイン(鶏肉のことが多い)
チーズ(食べたければ)
デザート(フルーツやケーキ類。これは必須)
というコースになっているそうです。

お昼にコースと思いますが、夜はスープなどで軽く済ませるんですって。健康的ですね。

とは言え、最近では日本同様、マック(フランスでは関西風にマクドと言います)などで済ませてしまったりして、このような食事をする家庭は少なくなってきているとのこと。

まずはお料理風景。
今回のメインはホロホロ鳥のオーブン焼き。
ホロホロ鳥
150℃のオーブンで100分程焼くそうです。
この時表面が乾燥しないように15分毎に肉汁をかけます。そこで登場したのがこの巨大スポイト!キッチン用品が売っているお店で普通に売っているそうです。おもしろくて便利ー

アントレはアンディーヴのサラダ。
アンディーヴのサラダ
アンディーヴとは白菜を小さくしたような見た目の野菜で、グラタンなどにも使うそうですがサラダで食べる方が美味しいらしいです。
気になりつつも挑戦したことがなかった野菜なので、食べ方が分かって良かった

これにクルミとロックフォール(青かびチーズ)と洋ナシも加えます。
+洋ナシ
洋ナシはコンフェランス(?)という細長い種類が甘くて美味しいそうです。
これにサラダオイルとハチミツのビネガーをかけて混ぜ合わせたら出来上がり。

次にテーブルセッティング
テーブルセッティング
グラスはピンクがお水用で透明がワイン用グラスワイン[赤]

テーブルセティング
お皿はアントレのお皿の下にメイン用のお皿を置きます。この2枚の下に更にもう1枚、食べ物はのせない大きなお皿を置くこともあり。

注目はフォークの置き方。
食べ物をのせる面を上にして置くのはイギリス流。
フランスではフォークの裏に入った家紋が見えるように、上の写真のように裏返して置くのが正しい置き方だそうです。

いよいよお食事スタート!

アントレのアンディーヴのサラダ
アンディーヴのサラダ
クルミとロックフォールがマッチしていてとっても美味しい!
ビネガーの味はほとんどしなかったけれど、ビネガーとワインは合わないそうなので、ここではワインなしで。

メインの前に鳥の解体です。これはご主人の役目なんですって。
本来はお客さんの目の前でフォークとナイフだけでうまく解体してサーブするものらしいですが、ここのご主人の場合、ちょっと手を使っちゃうのでってことでいつもはキッチンで解体してからみんなの所へ運んでくるそうです。
でも、今回は特別に解体風景も見学させてもらいました。
鶏の解体
フォークと小さいナイフだけで上手に解体していました。
手前では、奥様が付け合せに鶏の肉汁をかけて味付け中。

で、出来上がったメインがこちら
メイン
鶏肉、インゲン(フランスではよく食べるみたいで、缶詰などもたくさん売っています)、鶏の肉汁をかけた栗とプルーン。

どれも薄味ながら、素材の味を生かしていてと~~っても美味しかったですペロッ
この栗とプルーン、意外な組み合わせですが美味しいんですよ!しかも味付けは塩、こしょうと肉汁だけ!

それからパンですが、切った時の端っこの硬い部分ありますよね、あれはクルトンと言って、歯が生え始めた子供にしゃぶらせておくんですって。
それと日本人が困るのがパンを置く場所。パン用の小皿があればそれに乗せればいいのですが、ほとんどの場合ないので、テーブルクロスの上に直接置きます。初めは抵抗がありますが、慣れれば大丈夫。

続きましてはチーズ
チーズ3種類
奥が日本でもお馴染みカマンベール、手前の筒状のものがヤギのチーズ、右のは・・・?忘れちゃった

チーズ
どれもとっても美味しかった。実はヤギのチーズ嫌いなんですが・・・これは臭みも少なくてとっても食べやすかったです。ちなみに食べ方は、周りの部分を剥いて食べます(食べてもいいらしいけど)。
私的には、名前を忘れてしまったチーズがかなり好みでした。

最後にデザート
デザート
今回はフルーツのアイスクリームのせ。
普段はよく奥様手作りのヨーグルトを食べるそうです。

みんなで”すごい!”と感心していると、「とってもシンプルで簡単よ、オーブンに入れておくだけ」とのこと。確かに電子レンジもうまく使って、おしゃべりしながらやっているうちに出来上がり、といった感じでした。

お食事の後はおしゃべりして、とっても楽しかった♪
ゆっくり、分かりやすくしゃべってくれたので、大雑把な内容は理解できた気がします。

”フランスの家庭を見てみたいでしょ”と言って私たち外国人を家に招待してくれるなんて、本当にステキなご夫婦でした。写真を載せれないのが残念

おうちのインテリアもステキでしたキラキラ
シャンデリア
スポンサーサイト

O&COのバルサミコ酢

Tさんに頂いたO&CO (OLIVIERS&CO) のオリーブオイルがとっても美味しかったのでブログに載せたところ、従姉のMちゃんから、ここの15年物のバルサミコがとっても美味しくてお店で味見させてもらえるよ、との情報を頂いたので行ってきました!

オリーブオイルもいろんな種類があって、バナナバナナの味がするオイル(バナナが入っているわけではなく、そういう種類のオリーブなんですって)とかもありました。

お目当てはバルサミコ!
ノーマル、イチジク、チェリー、ホワイトバルサミコとこれまた種類があり、例の15年物とやらは?と思ったらありましたよ。今回は12年物でしたが、やっぱり普通のとは味が全然違うびっくり甘ーくておいしい~。4年ごとに熟成させる樽を換えるんですって。
しかし、このバルサミコ、美味しいだけあってお値段なんと70ユーロ・!!ノーマルもかなり美味しかったので、今回は17ユーロのノーマルの方をお買い上げドル袋( ゚3゚)ノ(暗い背景用)†SbWebs†

O&COのバルサミコ酢

サラダにかけたり、白身魚にかけたりして頂いています。

サマータイム

今日からサマータイムです。

一時間、進むので・・・
日本時間-7時間=フランス時間
になります。

本日の日の出は7時50分、日の入りが20時30分です。
これからどんどん日が長くなって、夏は10時近くまで明るいそうです。
日の出が9時近く、日の入りが17時ころだった冬が信じられませんね~。

路駐

フランスの車は路駐する時に前後の車に平気でぶつけると話には聞いていましたが、本当にそうなんです。
路駐

これは一体どうやって出るのだろう?という距離で止めてあるし、実際、ゴンッとぶつかっている音を聞いたり見たりすることは日常茶飯事。

この間は旦那が、バスが周りのフェンスに激突しながらUターンしているところを目撃したそうです。
バスの運転手さんプロなのに・・・いいの?日本じゃ考えられないですね。
フランス人はおおらかと言うか何というか

ミルフィーユ

パリでたまたま入ったカフェでミルフィーユを頼んでみました。
初、本場のミルフィーユケーキ
ミルフィーユ

これが美味しくて感動キラキラ感動
クリームは普通の生クリームですが、甘さ控えめでペロッと平らげてしまいました。

ちなみにこの名前、ミルフィーユと言うと mille fille で”千の娘”という意味になってしまうので、正しくはミルフイユ(millefeuille)で”千の葉”という意味だそうです。注文する時は要注意です!

パリ観光 3日目

今回はサン・ラザール駅の近くのホテルに泊まりました。
サン・ラザール駅前にこんなオブジェが。
サン・ラザール駅前のオブジェ

この日はまずエッフェル塔に登りに行きました。上に登るのは初めてです。
エッフェル塔
パリはちょうど桜の時期です桜1

残念ながら、この日は曇りで寒かった
ダウンを着てこようか迷ったけれど暖かい日が続いていたので、普通のコートにしたことを後悔しました。

エッフェル塔は2階(日本の3階)までは階段で上れますが、前日歩き疲れたのと、寒いのとで階段で登る気にはなれずエレベーターで頂上へ。

柱を良く見ると模様がきれいな事に初めて気付きました。
エッフェル塔の柱
「やっぱり東京タワーとは違うねー」と旦那と感心。

頂上から見たシャイヨー宮
シャイヨー宮
頂上は風も強く、ほんと~~に寒かった~雪の結晶(*゜▽゜)03-色付き背景用*Monochrome

エッフェル塔からの眺めを堪能した後、エッフェル塔の下(横?)にあるシャン・ド・マルス公園を散歩。
シャン・ド・マルス公園のポニー
途中、ポニーが繋がれていましたが係員らしき人は誰もいません。休憩中か?

公園を端まで歩いて行くと2000年に造られたという”平和の壁”があります。
平和の壁
ちょっと、広島の平和記念公園に似ています。

この後はメトロでマレ地区に移動しウィンドーショッピング。

ブラブラ歩いているとサン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会がありました。
サン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会
この教会はオルガンが有名なようです。

パリ市庁舎
パリ市庁舎
パリの鳩は超低空飛行で頭ギリギリのところをかすめて行きます。

最後はリュクサンブール公園。
リュクサンブール公園
夕方になって少し日が出てきたので、またたくさんの人が日向ぼっこをしていました。
この公園はベンチではなく一人掛けのイスがたくさん置いてあって、それを好きな所に持って行って座れるのがいいですね。
私たちも休憩をかねて、しばしパリジャン・パリジェンヌ気分を味わってみました。
日本からパリに旅行に来たら、時間が勿体なくて公園でボーッとなんてしていられないね、と話しながら・・・贅沢なひと時。

更に公園の中を歩いていくと・・・
ペタンク
ペタンクをしている人たちがいました。
さすが本場フランス。公園などでよく見かけます。
今回は秘密兵器発見!紐の先におそらく磁石が付いてると思われる物でボールを拾っているおじいさんがいました。これならいちいち屈まなくてもボールが拾えて楽チンですね。

この公園にはパリに二つある自由の女神像のうちの一つがあります。
自由の女神

公園を出て、モンパルナス駅の近くで夕食を食べてレンヌに戻ってきました。

ヴェルサイユ

パリ2日目はヴェルサイユ (Versailles)へ。
ヴェルサイユ
ルイ14世の戦略により建てられたヴェルサイユ宮殿。
駅からしばらく歩くと宮殿の門が見えてきます。
ヴェルサイユの門
門だけでも金ピカでとても豪華です。

門をくぐるとチケットを買うための行列が出来ていました。
チケット売り場
これで30分くらい待ったかな?
ひどい時は3時間くらい待たされることもあるようなので、他の美術館などにも行く予定があればミュージアムパスなどを買っておくほうがいいと思います。
ミュージアムパスは行く途中の観光案内所でも買えますよ。

宮殿
ヴェルサイユ宮殿

中に入ると、まずは礼拝堂。
礼拝堂
天井の絵がとってもキレイです。

メインは鏡の回廊。
鏡の回廊

寝室
寝室
どの部屋もとにかくゴージャスキラキラ・オレンジ2

庭園に出ると・・・手前がラトンヌの泉。
ラトンヌの泉
地平線まで見える範囲全部が庭><

南花壇
南花壇
残念ながら、今の時期は花が咲いていなくて、噴水も止められていました。
夏に行けばもっと綺麗なんだろうな~。

ルイ14世ご推薦の見学コースで庭を回ろうと思いましたが、この時期メインの道以外は封鎖されていて通れなくなっているところが多かったです。
それでも広すぎて歩き疲れました。
園内ではゴルフ場によくあるカートを借りることも出来るし、プチトランも走っているのでそれを利用するといいでしょう。

ちょっと盆栽チックな植木。
庭園

宮殿から1kmちょっと行くとマリー・アントワネットの離宮があります。

グラン・トリアノン
グラン・トリアノン
ここはルイ14世が夫人と過ごすために建てられた建物。

内部は部屋ごとに家具の色が統一されていて、宮殿ほど派手ではなくオシャレにまとまっています。
グラン・トリアノン内

かなり私好みうわぁ・・・
グラン・トリアノン内

イスもカワイイハート2
グラン・トリアノン内

シャンデリアもリボン(?)で吊るされていて、天井には模様が彫ってあってステキ手書き風シリーズハート
シャンデリア

マリー・アントワネットの肖像画
マリー・アントワネットの肖像画

グラン・トリアノンの横にはルイ15世と夫人の為に建てられたプチ・トリアノンがあり、更にその奥には王妃の村里があります。

村里のわら葺農家”王妃の家”
王妃の村里

村里から宮殿へ戻る途中には牧場が広がっています。
牧場

宮殿の見学を終え、最後に騎馬スペクタクルを見に行きました。
宮殿の前にある大厩舎で見ることができます。
大厩舎
ここではかつて宮廷の華やかな催しが行われていたそうですが、今は馬術アカデミーが置かれ、生徒によるスペクタクルを見ることができます。

撮影禁止だったため写真がありませんが、スペクタクルの内容は、どれだけ優雅に馬を操れるかを見せる物でした。
綺麗に整列させて歩いたり、斜めに歩かせたり、バックさせたり・・・やっていることはかなり高度なことでしたが、柵を飛び越えたりなどの派手なことはしないので、素人目にはちょっと物足りない感じでしたね。

いつも馬に舐められて、歩かせるのも一苦労だった私にとっては、どうしたらあんなにいとも簡単に馬を操れるのか不思議でなりません。すごいっ!の一言です。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
02 04
ブログ内検索
プロフィール

secoseco

Author:secoseco
性別:女性

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。