スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランド サーリセルカ

サーリセルカはフィンランド屈指のリゾート地で、人口は500人?と言っていたような・・・小さな町なので中心部は歩いて回れます。

メインストリート
サーリセルカ メインストリート

やはりマリメッコやイッタラが買えるお店があります。
デザインセンター
ここは特に安くはなかったです。

「ムオッシ」というハンバーガー屋さん。
ムオッシ

店内のメニューの看板がフィンランドらしく木の鎖で吊るされていてかわいかった。
ムオッシ内メニュー

ハンバーガーは何を頼んだか忘れてしまいましたが、とっても美味しかったです!
ムオッシのハンバーガー
サイズは外国サイズで大きかった。

宿泊したホテル・リエコンリンナ
リエコンリンナ

なんとサウナ付きのお部屋でした。
プライベート サウナ
一人入ったらいっぱいの小さなサウナで、電気ストーブみたいな物で熱した石に水をかけながら入ります。
石に水をかけると一気に体感温度が上がるので、焼け死ぬんじゃないかと怖くなってすぐに出てきてしまいました。

初日にとりあえずオーロラが見れたので、この日はオーロラ・ハンティングのツアーには参加しないで部屋から外の様子をうかがっていました(風邪をひいて、体調がぜっ不調だったこともあり)。

すると、すごいのが出てきたのでベランダに出て写真撮影。
サーリセルカ オーロラ1
焦ってうまくカメラを固定できずボケています。

赤っぽい色も混じってメラメラした感じになってきました!!
サーリセルカ オーロラ2

すごい!! でも屋根がジャマ!
サーリセルカ オーロラ3

外に行くには防寒対策バッチリで行かないといけないので、着替えているうちに消えてしまったらイヤだと思い、ベランダからしか見なかったのですが、外に見に行った旦那が戻ってきて「すごかったー!!」と言っているのを聞いたら、なんだかとっても後悔
見れるチャンスはまだ2日あるので乞うご期待、と思っていたのですが残りの2日間は曇っていて見れませんでした。残念。

昼間はオプショナルツアーに参加していろいろと楽しむことができます。
犬ゾリはスリルがありそうだし、トナカイゾリはなかなか経験できないので両方参加したかったのですが、日本から申し込まずに現地で申し込んだのが失敗。
時間の関係なのか人数の問題なのか、トナカイゾリしかできないと言われてしまいました。
絶対に参加したいツアーは日本で申し込んでいくことをお勧めします。

トナカイゾリの様子はこんな感じです。
まずはホテルで防寒具を貸してもらってからトナカイ牧場に連れて行かれます。
到着すると、サーメ人の民族衣装(青いポンチョ)を更に上から着させられます。
ここでトナカイと写真を撮れるのですが、結構臆病なのか近づくビクッとするのでちょっと可愛そうになってしまいました。
トナカイ牧場

トナカイのお尻を見ながらのんびり出発。
トナカイゾリ1

後ろを振り返ると、次のソリのトナカイが大接近。しっかりカメラ目線です。
トナカイゾリ2
だいたい30分くらいでしょうか、大自然の中を(代わり映えのない景色を見ながら)のんびりと散策。
さすがに最後の方は体が冷えてきました。

ソリを楽しんだ後は小屋の中でお茶を出してくれました。
トナカイ牧場の小屋内部

サーメ人の民族衣装が飾ってあったり・・・
サーメ人の民族衣装

トナカイの角が置いてあるので自由に触ることができます。
トナカイの角
角にも毛が生えてる!!フサフサで気持ちよかった。

オプショナルツアー以外には、近くに小さなスキー場があるらしいのでスキーを楽しむこともできます。
旦那は一人でスノボをしに出掛けて行ったので、私は他のオプショナルツアーにでも参加しようかと思っていたのですが、風邪でダウン。気が付いたら夕方になっていました。
なぜか旅行前になるとよく風邪をひいてしまい、旅行中体調不良ということが多いような・・・。

サーリセルカ最後の夜はホテル近くのレストランで夕食。お店の名前は忘れてしまいましたが。

旦那はトナカイのお肉が結構お気に召したようで、ここでも注文。
マッシュポテトの上にトナカイのお肉がのっかって、リンゴンベリーのソース(ジャム?)をつけていただきます。
トナカイ肉
ここのトナカイは臭みが少なくて結構おいしかったです。

私は赤キャベツのパイを注文。
赤キャベツパイ
これが甘酸っぱくて絶品でした!

ヘルシンキへ続く・・・
スポンサーサイト

フィンランド ロバニエミ

少し前に行ったフィンランド旅行記です。
オーロラを見るためにロバニエミ→サーリセルカを訪問。せっかくなので最後にヘルシンキへも行きました。

日本から直行便で約9時間、ヘルシンキに到着。国内線に乗り換えて1時間ちょっとでロバニエミに到着。
今回はパック旅行に申し込んだので空港にお迎えが来ていました。
ロバニエミ市内へは車で約30分。

今回泊まったスカンディック・ロバニエミ。
スカンディック・ロバニエミ

ホテルに着いたら、まずは「モイモイ号」というオーロラ・ツアーに申し込み。
このツアーはその日の空の状況に応じてオーロラが見やすいポイントまでバスで連れて行ってくれるツアーで、日本人添乗員(もしくは日本語が話せる人)が同行します。
ロバニエミの主要なホテルを回ってピックアップしてくれます。

ツアー出発の時間まで一時間ほど時間があったので、行く前に腹ごしらえということで世界最北端に位置するマックに行ってみました。
世界最北端のマック
ハンバーガーの写真を撮り忘れましたが、味も大きさも日本とまったく同じでした。

世界最北端のマックに行った記念にポストカードがもらえます。
世界最北端マック ポストカード
この時はレジの横に置いてありましたが、ない時は店員さんに言えばくれるそうです。

食べ終わったら、いざオーロラ・ハンティングに出発!!
この日は約1時間離れたトナカイ牧場のあるところまで行きました。
行く途中、ドライバーさんが「今日は見えそうな気がする。」とのこと。期待が高まる~

到着してバスを降りると、すでにうっすらとオーロラが出ているではないですか
ロヴァニエミ オーロラ1
写真でわかるかな~?

一旦、暖かいテントの中に入って軽食などについての簡単な説明をうけます。
サーメ人のテント
これはラップランドの少数民族であるサーメ人のテント型住居。
お腹がすいたら囲炉裏で各自ソーセージを焼いて食べることができます。

とりあえずお腹はすいていないので、オーロラ!
ロヴァニエミ オーロラ2
実際はこんなに緑色ではなく、白っぽい霧のような感じに見えます。

ウニョウニョ動いてどんどん形が変わるので写真を撮るのが難しい
ロヴァニエミ オーロラ3

ちゃんとカーテンのようになっていました。
ロヴァニエミ オーロラ4

最初-10℃くらいだった気温がどんどん下がってきて、おそらく-15℃くらいにはなっていたと思います。
さすがにずっと外にいると体が冷えてくるので、時々テントの中に入って温まったら再び外に出ての繰り返し。

テントの中でソーセージを食べて、その後はサーメ人の民族衣装を着た現地の人がクレープを振舞ってくれます。
サーメ人の民族衣装

外との温度差でカメラのレンズがくもってしまいましたが、このクレープがとーても美味しかった。
クレープ
リンゴンベリー(こけもも)ジャムをつけて食べます。

23時頃になると、オーロラもだんだんと薄くなってきました。
ロヴァニエミ オーロラ5
初日からなかなかのオーロラが見れてラッキーでした。

ロヴァニエミに到着したのは夜だったので、翌朝、街の写真を撮ってみました。
ロヴァニエミ メインストリート
街のメインストリート。
ロヴァニエミは人口約6万人で、想像していたより大きな街でした。

街を流れる凍ったケミ川。
ケミ川
橋の下辺りでもオーロラが見れることがあるそうですが、前日に橋の下に行ってみた人の話だと見れなかったそうです。
オーロラ・ツアーに参加して正解でした。

この日は半日サンタクロース村観光に行きました。
サンタクロース村 1

建物の中でサンタさんと会うことができます。
サンタクロース村 2
サンタクロースに会うだけならタダですが自分のカメラでの撮影はできないので、撮ってもらった写真を買わないとサンタと会った証拠が何も残りません。
結局、高いお金を払って写真を買いました・・・。

建物の中にはサンタクロース郵便局もあり、ここから手紙やハガキを送るとサンタ村の特別な消印を押してもらえるということで自分宛にハガキを送ってみました。
サンタ村の消印

クリスマスにサンタさんからカードが届くように申し込むこともできます。
これはネットからも申し込めるようなので、興味のある方はサンタクロース村ホームページをご覧ください。

建物の外には氷のオブジェがあったり・・・
サンタクロース村 3

林の方に歩いていくと・・・
サンタクロース村 4

氷でできた家があったりします。
サンタクロース村 5

その他にはお土産屋、イッタラやマリメッコのアウトレットもあります。
イッタラ
イッタラではかなりお安くなっている物もあり、散々迷ったあげく欲しかった色と違ったので買いませんでした・・・が、その後そこまで安くなっているお店はなかったのでちょっと後悔。

この日の昼食はツアーに付いていました。
サーモンとマッシュポテト
マッシュポテトの上に焼き鮭。
右上のピタパンみたいな物にはトナカイ肉の燻製がはさんであります。
トナカイはちょっとクセがあって、食べられないほどではないですが私は苦手でした。

デザートはリンゴンベリーのケーキ。けっこうスッパイです。
リンゴンベリーケーキ

この後は282キロ離れたサーリセルカへ車で移動。

続く・・・
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
05 07
ブログ内検索
プロフィール

secoseco

Author:secoseco
性別:女性

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。